煙草は遊び

アーク・ロイヤル・パラダイス・ティー

アーク・ロイヤル・パラダイス・ティー

20本入り

500円

タール6mg

ニコチン0.5mg

まあ、当然次はこの煙草になるんですが、10年前ぐらいに初めて吸った時はワザとらしい紅茶のフレーバーでもう二度と買わないと思っていたのですが、 今回はそうは思いませんでした。改善されたのか、私の舌が馬鹿になったのか、それとも馬鹿だったのか、少なくとも今のパラダイスティーは紅茶フレーバーの紙巻煙草として違和感や偽物感は無くなっているように感じました。

アークロイヤルとしての味と香りは薄いですが紅茶フレーバーで補ってありますから物足りないなんてことはないでしょう。この香りはフレーバー煙草として大成功だと言えると思います。実際の紅茶はもう少し味わいに深みがありますがパラダイスティーの場合はその役目を煙草葉が行うわけです。その組立具合はワイルドカードよりもバランスが取れていて完成度はこちらの方が一枚上手です。

それでも若干の違和感はありますね、でも目くじらを立てるレベルではないので別に問題ないでしょう。

f:id:UigOig:20210618221003j:image

見づらいですが空気穴は2列。

ワイルドカードとは打って変わって真っ白で、巻紙の方にParadice teaの金文字あり。今時こっちに印字してあるのは珍しいですね。

短いフィルターであまり損をした気分にはならないと思います。私はこれぐらいの長さのフィルターが好きです。

500円でこんなものが手に入ってしまうのなら紙巻煙草はもうこれでいいじゃないかと言ってもいいかも知れない。ただやはりこのシリーズは入手性に問題があります。これは非常にもったいないことのようでもあり、マニア向けの煙草だから今ぐらいの珍しさで良いのかもしれないとも思うそんな煙草ですね。

今回分かったのはこの煙草は100点ではないが、95点ぐらいの完成度であることが判明しました。見つけたら買って損はないとはまさにこれの事です。紙巻煙草なんだしこれでいいんです。更なる深みとか厚み奥行きなんかはもはや紙巻煙草の範疇からはみ出してしまいますからね。
f:id:UigOig:20210618220959j:image

アーク・ロイヤル・ワイルドカード

アーク・ロイヤル・ワイルドカード

20本入り

500円

タール9mg

ニコチン0.6mg

ウルグアイ製のコーヒーフレーバーを謳う紙巻煙草。

コーヒーといってもブラックコーヒーではなくて甘いコーヒー牛乳のような感じです。ルームノートやらシガレット自体の香り程、喫味までコーヒー牛乳かというとそうではなくてオリジナルのアークロイヤルの雰囲気を纏いつつコーヒー牛乳は鼻から嗅いで感じる程度のもので味わいまでは落とし込めていないように思われます。 もっとコーヒーコーヒーしていていいのにそうではない。わざとそうしてあるのか、出来ないのか、ちょっと中途半端な印象もあります。だからコーヒー牛乳を飲みながら吸えば完璧なんじゃないでしょうか。

f:id:UigOig:20210614202759j:image

MONTEPAZという製造メーカーです。ブライトシリーズもここの製造ですよ。
f:id:UigOig:20210614202803j:image
空気穴は地味に2列。以前は100sサイズながらソフトパックでありましたが今はボックスタイプで、紙巻自体も以前のリトルシガーを模したような茶色のテクスチャではなくて吸い口も巻紙も今では真っ黒なもの、そこにゴールドのラインとARK ROYALの金文字に変更されています。何だかサブカル気取りの若者には好まれそうな見てくれですね。

ワイルドカードとはトランプのババの事ですよね。ジョーカーなんて煙草がありましたがあれのオマージュ品なんでしょうかね。今のリトルシガーのジョーカーではなくて元祖の紙巻の方のジョーカーの事ですよ。あれの味はもう忘れてしまいましたが、なんかコーヒーっぽかったような気がするんですけど残念ながら既に記憶の彼方ですね。

ちょっと調べたんですが、ジョーカーってのは宮廷道化師のことで、王様含む人を弄って笑いを取る存在で、王様の所有物なので扱いはそれ程良くはないが、王様に意見することが許されている存在でもあるとのことです。 面白い存在だと思いました。万能なようでいて全く万能ではない。

この煙草は吸う人の周りの人がコーヒーフレーバーに包まれて、吸っている本人は実はそれ程でもない。

シガレット自体の香りはコーヒーでも吸う煙はそれ程でもない。煙を嗅いだり味わったりするだけではダメでシガレット自体の香りにも気を向けないといけない。そういう煙草みたいです。

f:id:UigOig:20210614202930j:image

ピース・アロマ インフィニティ

ピース・アロマ インフィニティ

20本入り

590円

タール8mg

ニコチン0.7mg

今はアロマロイヤルと同様のデザインに統一されています 。しかしゴールドの部分はシルバーになっており、やや明るい青のパッケージ。あちらより10円だけ安いのはやや雑味が感じられるため葉の質は少しだけ低いものを使っているからでしょう。そこに特殊なフィルター分が加算されますから微妙に10円だけやすくなっているのでしょう。おそらくそうでしょう。

f:id:UigOig:20210607222319j:image

アロマロイヤルと同じ文言の下には小さくAFTフィルターとあります。
f:id:UigOig:20210607222324j:image

蓋を開けてもやはりこの模様。
f:id:UigOig:20210607222328j:image

空気穴は1列。巻きもやはりアロマロイヤルと同じデザインながらもこちらは藍色のラインとINFINITYの文字。
f:id:UigOig:20210607222332j:image

そしてこれがAFTフィルター。空気穴からの空気が直で口の中へ入る仕組みです。これが味わいにどのように効果をもたらすのかはいまいち不明ではありますが、きっとこのピースらしからぬファンシーともとれるフレーバーをよりファンシーに感じさせる効果があるのではないかと思うのです。バニラフレーバーであることは同じなんですが、なんかこうフルーティーまで行かない軽薄さにも似たワザとらしい高級感があります。煙草葉の雑味はアロマロイヤルよりもありますから一般的に言う煙草感というかフレンドリーさはこちらの方に分がありますね。私はインフィニティの方が好きかも知れません。この煙草は地域限定販売から始まって全国展開された経緯がありますので、多くの人に愛される要素は充分にあるというものでしょう。煙はピースらしくウェットなぬめりを感じるもので舌に纏わりつき煙の方から味あわわせに来ます。

これは本流のピースとは違う亜流のピースです。本流は奥行きが深くて厚みがある。それは良いことだがいつもそれでは疲れてしまうと感じる人はこのアロマインフィニティを選ぶといいかもしれません。何気にこれは臭わず香るLSS仕様なためルームノートは優しいものでありますからそのあたり気になる人も選ぶ価値のある煙草ですね。
f:id:UigOig:20210607222335j:image

ピース・アロマ・ロイヤル 100's・ボックス

ピース・アロマ・ロイヤル 100's・ボックス

20本入り

600円

タール10mg

ニコチン1.0mg

初めて買いました。

今まで購入を躊躇していた理由はやはり紙巻煙草としては高すぎると思ったからであります。 

f:id:UigOig:20210606095240j:image
100%バージニアリーフだけがもたらす上質な香りと特別な瞬間の感覚を発見してください。

f:id:UigOig:20210606095234j:image

いざ開封してみます。
f:id:UigOig:20210606095230j:image

長いフィルターに空気穴は1列。

ザ・ピースとピース・ライトの中間ぐらいの味と香り。

上品な香りです。
f:id:UigOig:20210606095244j:image

これだけだと"えっ、それだけ??"となりますからもう少しだけ書いときます。

良い香りですよ。ザ・ピースは高いけどもう少し現実的な値段でそっち寄りなピースが吸いたいときはこれで決まりでしょう。

少し変わったピースが良ければロングピースやインフィニティで良いでしょう。

このピースはとても繊細な味わいなので慌ただしい日常に火を付けるもんじゃなくて、余裕があるときに吸うもんなんでしょう。 (ショートピースならば濃いですからいつでも満足が得られるはずです。)

アロマロイヤルはこいつをきちんと味わえるようにこちらの方で調整が必要なのでそこが注意点です。事情が許すのであればバージニア系のパイプ煙草に手を出すのが最適だなとパイプをやる人間からすれば感じてしまうのですが、そういうめんどくさいのは嫌だ手軽なシガレットがいいんだという人は少し高いですがこれはお勧めできる代物ですね。

お金と時間に余裕のある人向けでしょうね、貧乏人でも常喫は不可能ではないですがこの微妙に高いのはどうも貧乏寄りな私としては敬遠したくなってしまいます。でも美味しいのは事実ですのでやや特別な煙草として捉えておけば良いのでしょう。

フィルターが長すぎるだとか、紙の臭いが気になり出すだとか不満はあるけれどこれはそれだけ良い煙草だから思う訳でして、味覚と嗅覚の贅沢スイッチが入るからそのように感じて来るんです。実は不満は良い傾向なんです。だから暫くはピースの世界に没入してみて、特別な瞬間の感覚を発見することに致します。

ガラム・スーリヤ・マイルド(16)& ガラム・メンソール(16)

ガラム・スーリヤ・マイルド(16)& ガラム・メンソール(16)

どちらも16本入り

どちらも500円

どちらも

タール33mg

ニコチン1.7mg

2ついっぺんに紹介します。ガラムのスーリヤマイルドとメンソール。梅雨の合間、夏みたいに暑い日にはこのガラムがよく合います。これはやっぱり南国の煙草だからそういう風に感じるのでしょう。 スーリヤってのは太陽の事らしいです。

メンソールの方はスーリヤメンソールではないんですね。弱いほんのりとしたメンソール感です。もしかしたら強烈なクローブフレーバーに隠れて気付かないかもしれません。

f:id:UigOig:20210601175846j:image

ティアテープにはスーリヤにだけGUDANG GARAMとありメンソールの方にはありません。封を開ける前からコレ特有の甘い香りが漂う程。
f:id:UigOig:20210601175856j:image

TN値はどちらも同じでした、過去には違っていたこともありました。

かなり高い数値ですが、喫するのがしんどい様なことはなく、むしろ円やかであり臆することなく火を付けられます。
f:id:UigOig:20210601175836j:image

ggとはグダンガラムのことです。

異国情緒が溢れながら豪華なんだけどどこかチープな風情も漂うそんなデザイン。
f:id:UigOig:20210601175840j:image

空気穴はありません。スーリヤマイルドは独特なコルクチップ柄であるのに対しメンソールは白い吸い口。どちらも甘味が付けてあります。この吸い口の甘みは邪魔なことが多いと私は感じているのですが、これはガラムに関しては無くてはならない仕掛けで、甘みの相乗効果を発揮させるものです。
f:id:UigOig:20210601175900j:image

巻紙にはクローブオイルのシミがあります。古いからこうなっているわけではありません。クレテックですから当然パチパチと爆ぜます。シャツに穴をあけないよう注意してください。味わいとして焚火や歯医者さんを思い出させる雰囲気も有りますが、ひたすらに甘いです。辛みもほぼないですね、酸味も有りません。この煙草はフレーバー付きのドライシガーをやるつもりで吸うのがいいと思います。普通の紙巻煙草だと思わない方がいいと思います。葉詰めもしっかりしていてそれでいてドローがきついなんてことも無くて、まるであったかい浅い海にプカプカと浮かんでいるような気分になります。メンソールの方はそこにレトロなメンソール感がさらにかすめていく感じで南国らしい緩い世界観の煙草です。それから当然の如くルームノートは強烈でありますから充分に注意を払ってください。

どうでしょう、夏の間だけでもガラムを常喫にしてみるなんていうのは??

きっと夏が終わるころにはそれまでと違った世界が広がっているかもしれませんよ。
f:id:UigOig:20210601175853j:image

ピース・ライト ボックス

ピース・ライト ボックス

20本入り

560円

タール10mg

ニコチン0.9mg

バージニアブレンドのピースのライトバージョン。今はこの角を落としたボックスのみですがかつてはソフトパックもありました。

これは私が煙草を吸うようになって初めて旨いと思った銘柄でもあります。 

フィルター付きとは言えプレーンフィルターですから、味わいと香りの大事な部分はライトながら残っておりなかなか良いもんであります。

はとぽっぽにも後光がさしております。

f:id:UigOig:20210531175851j:image

ここにもピースのマークあり。朝の光のせいか神々しささえ漂います。

甘みと酸味と微かな苦味、ただのライトバージョンではなくてこれはこういう一つのジャンルと言ってもいいかも知れない、それ程の完成度を誇っているというものです。
f:id:UigOig:20210531175847j:image

空気穴は1列。廃盤になったピースのバリエーションとしてインターナショナル、アロマメンソール、ミディアム、アコースティックなんかがありましたが個人的にインターナショナルとアコースティックは復活させて欲しいです。

私はこのデザインのパッケージになってからは初めて買ったぐらい久しぶりのピースライトな訳ですけどやっぱり旨いものは旨いですね。この煙草を初めての煙草に選んだ人は一生禁煙なんかできないんじゃないでしょうか、煙に粘り気が感じられ、口の中に纏わりつく感じでこれでもかと味あわせてきます。ロングピースは随分と蜂蜜の香りも目立ちましたがこれは所謂バニリンだけなんでしょうかねえ、久しぶりでも違和感ありませんでした。それから良い香りに全振りしたこのルームノートならば普段煙草をやらない人でも許してくれるんじゃないかなんて思ったりします。それからピースはパイプ喫煙後に吸っても不味くないんですよ、セブンスターやメビウスではダメなんです。パイプはマニアックなんで無理に始めなくてもいいですが、ピースはこのライトに限らずどのバージョンも非常にお勧めできる銘柄ですから、未喫のかたは専門店で全種類買ってみてください。ぜったいハマりますから。
f:id:UigOig:20210531175854j:image

 

ホープ・ライト

ホープ・ライト 

10本入り 

280円 

タール9mg

ニコチン0.8mg

ドラッグカーレースにサム・クックのワンダフル・ワールドが流れるCMを鮮明に私は覚えています。あのレトロなオッサン煙草にライトバージョンが出たのかという驚きを伴っていましたから記憶に残るのも当然というものです。 当時は10本入り2個で240円でした。タール12mg、ニコチン1.1mgだったと思います確か。

なんと今のオリジナルと同じニコチン量です。

www.youtube.com

ホープは自販機で買うと2つ出ます。だからこんなふうなCMなんですね。

でも今はちょっと散歩に出たぐらいでは自販機は見当たりません。今日はコンビニで買いました。勿論2つ。

SINCE 1957はオリジナルの方のことですのでお間違いなく。

f:id:UigOig:20210529210748j:image

空気穴は1列。チャコールフィルターになっていました。私はこれを吸うのは15年ぶりぐらいなのですが、以前はプレーンフィルターでした。

ちょっとそのチャコールのニオイが気になってしまいますね。これは残念です。

ジャンケンマークも今はもうありません。これも残念です。

味はカラッとしていて良いもんです、オリジナル程のハニーフレーバーは感じられませんが、すごく気軽な味わいだと思います。ぜひともプレーンフィルターに戻してもらえればそれでいいんですが、これではライトになり過ぎでいい出来ではあるんですが物足りないというか、やっぱりチャコール臭いというか、近すぎるんでしょうねチャコールがね。

オリジナルみたいな蜂蜜香は雑に吸わないと感じられません。オリジナルの気難しさは払拭できてますが、当のオリジナルもかなりフレンドリーに様変わりしてますからこいつの役割は実はもう終わってるのかも知れません。

CMは凄く良かったのに今のホープ・ライトはこんな有様なんですよね、入手性の割には人気はいま一つな気もしますし、いっそのこと廃盤でもいいんじゃないかなんて思いがよぎります。(愛好家の方ごめんなさい)

私は残念ながらリピートは無いでしょうね、これに火を付けるぐらいならCMの動画を観た方がよっぽど良いです。
f:id:UigOig:20210529210745j:image

追記しておきます。

シガレット自体を嗅いでみると良い香りがします。

チャコール臭さも慣れるとそれほどでもなく、肉体的に疲れた状態で吸うと妙に美味しく感じられますね。精神的ストレスよりも肉体的ストレスに効果があるように感じました。